• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

アカウンティングスクール
立山 菜穂子さん

立山 菜穂子さん

立山 菜穂子さん

アクサ生命保険株式会社 インフォメーションテクノロジー部 プロジェクトマネージャー
2010年3月修了 ファイナンス修士(専門職)

CGSAの教授や企業に勤める学生から生きた企業戦略の考え方を学びました。

外資系生命保険会社で保険関連商品のシステム開発のプロジェクトマネージャーをやっています。こんな商品をつくりたいという目的に適合したソリューションを提供するために、プロジェクトの企画・提案、プロジェクト運営をしていく。いわば、マーケティングの視点が重要となる仕事です。私がCGSAで学ぼうと思ったきっかけは、携わっていたシステム開発のプロジェクトが、会社の買収によって別のシステムに統合されるようになったことからです。「なぜ、会社を買収したりするのだろう」という素朴な疑問から始まり、CGSAではM&Aをはじめ企業戦略についてさまざまに学ぶことができました。授業で印象深かったのは、上場準備論とマーケティング。上場準備論では上場することのみならず、会社の存在理由や目指すべき姿、それをいかにして実行していくか、また何をもって成功とするかの尺度などについて深く考える機会になりました。マーケティングの授業では、会社全体として同じ方向へどう進んでいくかという、生きた企業戦略の考え方を学ぶことができました。これらの考え方は私の現在の業務に大きな影響を与え、会社のストラテジーに関わる仕事をする際に全体を理解しながら進められるようになり、仕事がより面白くなったと実感しています。またビジネスの現場で、エグゼクティブとの会話では彼らの発想や期待も以前より理解できるようになりました。たとえ文化や国籍の違う人たちと仕事をする場合でも、同じバックグラウンドをもって会話ができるようになったことは大きな収穫。今後も自分の可能性や幅を広げるために勉強を続けながら、楽しく仕事をしていきたいと思います。