• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

理工学部
外国語教育科目

外国語教育科目は1群、2群に分かれています。1群には英語、2群にはドイツ語、フランス語、中国語が設置されています。

どの学科も世界共通語としての英語を重視しており、1・2年次には「英語表現演習1~4」、「英語講読演習1~4」が全学科で必修になっており、3・4年次には「英語コミュニケーション1・2」、「英語セミナー1・2」が全学科に設置されております。さらに、TOEFLなど英語検定試験への対応を視野に入れた「特別英語1・2」を履修することもできます。

また、さまざまな異文化が併存する現代に求められる広い視野と柔軟な判断力の育成のために、英語以外のドイツ語、フランス語、中国語のいずれかを学ぶことになっています。

外国語教育科目の目標の一つは、各専門分野において求められる外国語文献の読解に必要な基礎語学力の養成です。そのためには日常一般の言語としての外国語の修得が有効と考えられています。

またわが国の科学技術者がますます世界各国の科学技術者とかかわりを深めている今日、コミュニケーションのための外国語運用能力がおおいに求められています。各語学科目の担当者は、これらの目標や時代の要請を考慮して教材に授業に工夫を凝らしています。

英語の授業は、主に読解力の養成を目的とする授業「英語講読演習1~4」と会話や表現力の養成を目的とする授業「英語表現演習1~4」に分かれています。ドイツ語、フランス語、中国語の授業において、1A、2Aは会話や読解と、1Bは文法、2Bは読解を中心に進められます。