• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

経営システム工学科・専攻
学科詳細

※経営システム工学科は、1999年4月1日に管理工学科から名称変更いたしました。

組織の運営をもっと効率よく。理論と実践を備えたシステム開発者を養成。

経営工学(Industrial Engineering)は元々工場の経営管理を対象にして生まれ、今日では工場以外の諸組織に対しても適用可能な科学理論と実践技術を総合する工学の一分野に成長した分野です。欧米では理財・金融なども含む経営関連のテクノロジーが科学的に扱われ、グローバル競争に勝てる生産・経営体制が確立されていますが、対照的に日本では、経済産業界でのニーズが高いにもかかわらず大学側の供給が追いついていない希少な分野であり、将来性が高いといわれます。理財工学、消費者要求分析、製品安全なども扱います。

研究室のテーマ(一例)

ビジネスにおけるリスクの計量と管理/品質等のリスクマネジメントに関する研究/人的エラーによる事故の防止/人にやさしい情報環境、情報サービス/販売店における価格戦略の効果の分析/価値の高い情報を提供するインタラクション/統計分析の理論とデータ解析/ソフトな情報処理法とその応用/工学設計と最適化手法

学びの目標

  1. より優れた組織運営を実現するための方法論
  2. 多彩な分野にわたる学際的な知識
  3. 社会および地球環境も考慮に入れた広い視野とシステム思考

「科学的経営」技術を学ぶ経営システム工学科の特色

経営システム工学科
生産の経営管理から生まれ、スペースシャトルなどのプロジェクト管理にも使われる科学理論と実践技術を統合した組織管理テクノロジー。

経営システム工学は、人間工学や社会科学などの人間・社会に関する学問、電気・電子工学や機械工学などのハードウェアに関する学問、および情報工学やソフトウェア科学などの情報システムに関する学問を有機的に結合して、実社会で役立てるための学問です。経営システム工学の内容は、様々な組織の経営管理に役立つ手法として活用されています。

経営システム工学科
グローバルに通用する「科学的経営」技術。世界競争を勝ち抜ける企業経営を可能にする、産業界からの需要が高く、将来性のある分野です。

近年、社会の複雑化・多様化を背景として、経営システム工学の扱う領域は、ますます広がる傾向にあります。経営システム工学科では、企業などの組織が存続・発展し続けるために必要となる、最先端の管理技術や科学的な思考方法を身につけられるようなカリキュラムを編成しています。この教育姿勢は産業界でも高く評価されており、卒業生は多種多様な分野で活躍しています。

経営システム工学科
品質管理、理財工学、人間工学、情報、ロボット、…「これだけは誰にも負けない」専門分野の柔軟な選択が可能。学びながら将来の方向を、4年間で探せます。

経営システム工学科のカリキュラムは、幅広い科目群から構成されています。専門教育は、基礎科目、経営工学、数理システム、応用情報システムの4つの体系から成り、興味に合わせて専門科目を柔軟に選択できます。また、文科省現代GP採択プログラム「産学連携教育による女性研究者・技術者育成」を実施しており、男女共同参画時代の理工系専門職を育てる取組みを展開しています。