• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

社会学専攻
利用案内

社会学研究室は、多摩キャンパス3号館の9階にあります。
研究室には、学部生、大学院生、教職員が利用できる専攻図書室が併設されており、社会学専攻の教員により選書された図書・資料の貸出(一部資料除く)や閲覧ができます。
そのほかにも、社会学専攻の学生が利用できるパソコンを設置し、調査のための機器の貸出なども行っています。
又、社会学専攻・社会情報学専攻の教員・大学院生・学部生が構成員となっている「中央大学文学部社会学・社会情報学会」の活動拠点としても社会学研究室は利用されています。 利用に関しては、研究室員までお尋ねください。

閲覧室(3902号室)

閲覧室(3902号室)

新刊雑誌や辞書・事典類が配架されています。
資料の閲覧や、自習のための席を設けています。
持ち込みのパソコンが使用でき、全学無線LANにアクセスできます。
正規授業に関わる学習・研究活動にのみ使用できるパソコン・プリンターがあります。
過去の卒業論文の閲覧もできます(貸出・コピーは不可)。
閲覧できる卒業論文のタイトルはこちら。

書庫(3904号室)

資料を自由に閲覧することができる開架方式の図書室です。
但し、入庫の際にはカバンの持込は禁止です。
社会学専攻が独自で受入をしている資料やゼミ論文集も閲覧できます。
図書の利用方法については、下記を参照して下さい)。

演習室(3901号室/3908号室)

大学院の授業や学部の演習授業、自主ゼミ、会議などに利用されています。
「社会学・社会情報学会」のミーティングにも使用されています。
貸出はできませんが、室内のビデオ機器を使用して、ビデオ教材ソフト(DVD)を閲覧することができます。
演習室の利用希望の方は、ご相談下さい。

共同研究室は3902号室のみ、飲食可ですが、使用上の注意点があります。
尚いずれの室内でも携帯電話の会話はご遠慮ください。

図書の利用方法

貸出期間・冊数

学部学生 15日間 10冊まで
大学院生 60日間 30冊まで
教職員 90日間 60冊まで

※他学部の方も利用できます。
※卒業生、一般の方の利用に関しては、以下をご覧ください。

貸出

  • 貸出手続きの際は、学生証、またはCHOISカードをお持ちください。
  • 1回に限り、貸出期間の延長ができます。

※資料によっては、授業に使用する都合上、貸出ができない場合があります。

コピー利用

  • 図書や資料のコピーを取る際は、「短期図書・雑誌貸出票」に記入し、室員にお渡しください。
  • コピー機は、3号館3階、図書館などをご利用ください。

資料の検索について

  • 社会学研究室書庫内にあるCHOIS蔵書検索端末(OPAC)で中央大学の蔵書を検索することができます。中央大学図書館の外部オンラインデータベース検索も利用できます。

利用時間は、「窓口時間」を確認してください。