• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

英語文学文化専攻
大学院生の声

イギリス文学

博士前期課程1年 家老遥奈
家老遥奈

私が初めてイギリス文学をじっくりと読んだのは、中央大学に学部生として入学してからのことでした。イギリス文学の魅力に心の底から惹きつけられたのは、3年生の頃、興味を持ったゼミに所属してからといってもよいかもしれません。たとえば、住む国も時代も社会環境も自分とは全く異なる作家の書いたものを最初は馴染みのないように感じても、読みを重ねていくうちに深い共感を抱き、感動することがあります。また、作品の背景を知っていくと新たな観点から読み直すことができ、その都度自分の考え方が豊かになっていくのを感じることができます。1つの作品に時間をかけて読みを深めていくことの面白さを、私はこのとき知ることができました。長い歴史をもつイギリス文学においては、実に多様な作家やジャンル等が存在します。私は特に19世紀の女性詩人に興味を持ち、学部生のときに卒論を書いたのですが、そこで学んだことをもっと深めたい、研究してみたい、そうすることによって豊かな知性や理解力を得、教養ある人間として社会を見てみたいと思い、大学院進学を決めました。

大学院の授業はほとんどが演習です。私の所属する英文学専攻では、作品を読んで自分の注目したい箇所を自分の観点で考察し、それについて他の院生の方と意見を交わしたり、教授が助言してくださったり、別の観点を示してくださったりする、というような授業です。毎回の授業で新たな発見が多くあり、大変充実した時間を過ごすことができます。ときには文学の枠を超えて意見交換をすることもあります。このような、学部生の頃よりももっと深いところまで踏み込む授業によって、私は、大学院に入らなければ得ることのできなかった学びを実感することができています。さらに、自分が所属する研究科や専攻以外の授業や、学部に設置されている授業を履修することも可能なため、自分の専門以外の知識や考えを幅広く学び、研究に生かすこともできます。また、大学院では先生方と近い距離で学び、研究することができるため、先生方から非常に有益な助言を絶えずいただくことができます。常に自分の専門の分野に集中していることができるというのも大学院ならではの魅力です。

近年、人文学系の学部の重要性が問われ、文学を学ぶことの意義が軽視されることがありますが、私は大学と大学院で文学を研究していてよかったと心から思います。中央大学で文学を専門的に学ぶことによって、文学は自分の物事の考え方を柔軟にしてくれると気付くことができたからです。そのような経験を私にもたらしてくれたのが、イギリス文学、そして中央大学の先生方や、学生・院生等の勉学を支えてくださる職員の方々です。文学にかかわることで、ときにはそれまで自分が正しいと信じていたことが根本から壊され、より大きな価値のあるものを発見することが多々あります。私にとってこれはとても有意義な経験であり、その後の自分の糧になっていっていると感じます。

アメリカ文学

博士前期課程2年 内田 裕
内田 裕

私は学部生の時に受講した授業で出会ったアメリカ文学に惹かれ、この分野における知識をさらに深めたいと考え、大学院に進学しました。もちろん本格的に研究の道を歩み始めることに対する不安がなかったわけではありませんが、小説という媒体を通して、私たちにとって近いようで遠いアメリカという国家を知るという営みに意義と可能性を感じ、今現在もこの分野の研究を楽しんでいます。

英文専攻は、学部と同様にイギリス文学文化、アメリカ文学文化、英語学の三分野に分けられ、各分野に深く広く、最先端の研究をしている専門家の先生方がいらっしゃいます。私の研究分野であるアメリカ文学ひとつをとっても、古典にあたる19世紀の文学から現代の文学、アメリカ南部の文学、さらには文化や思想を手掛かりに文学作品に取り組む比較文学の分野にいたるまで、実に多岐にわたる領域が先生方の広い守備範囲でカバーされています。異なる時代、地域で生み出された作品であっても、それらを仔細に見つめることで、根幹で通底する国家の精神性や、普遍的な人間性の一片が垣間見られることがあります。そういった意味でも、包括的に同分野の研究を志す方にとって、ここは理想的な研究環境でしょう。

また本専攻には、より高い英語使用能力と英語教育力が要求される昨今の教員採用制度を念頭において、2017年度から英語教育を知り、研究・実践するための新科目も開講されました。充実した交換留学制度も本研究科の特色の一つです。例えば、昨年の修士課程修了生の中にも、在学時に一年間の交換留学を通して高い英語の運用能力を養い、都立高校の教員になった先輩がいます。また、イギリスの大学の博士課程に進み、今年、無事PhDを取得して、本学で教えていらっしゃる先輩もいます。

さらに、中央大学大学院は研究発表のための環境が整っています。国内、国外の学会発表のための渡航費を援助する制度があり、私の同級生もこの制度を利用して研究発表を行っています。博士後期課程に進めば、人文科学研究所のチームに準研究員として参加して、先生方と同じテーマを追究し、公開研究会や紀要で発表することができます。

長期にわたり一つの分野を深く研究するには、大きなエネルギーが必要ですが、何事にも代えられません。指導して下さる先生方からの知的刺激を受けながら、様々な角度から自分の研究に取り組み、理解を深め、それらがつながりあっていくのを感じる経験はとても充実しています。この大学院で研究に取り組める喜びを、日々、噛み締めています。

英語学

Graduate Student Duenas Ian Francis Carillo
Duenas Ian Francis Carillo

After getting my first degree and master's degree at the University of the Philippines, I came to Chuo University to pursue a doctorate degree. Not only is there excellence in teaching and research offered, but also a number of opportunities where students improve social relations and widen their knowledge of the current world. As a graduate student and teaching assistant, I have visited a number of places, including Hawaii, Thailand, Malaysia and Singapore. I have also organized a number of events with support from the Faculty office. I think I have gained a lot of experience. I believe these opportunities come to me because the professors, school officials, and students are all very close to each other at this university, especially at the International Center and in the Faculty of Letters.

With regard to undergraduate and graduate courses offered at the Department of English Studies, there is a wide range of courses for students who wish to study English and its subfields. If you want to do critical analyses of English literary works, you can enroll in courses about British or American Literature. If your interest lies in the study of the history and development of the English language, you may take courses on Middle English. By taking these courses, you get a glimpse of the early form of the English language through old writings and in the process, learn about the history of Britain and its people. If your interest lies in the scientific study of English, you may take courses in Linguistics. In this field, you will learn about the overall structure of the English language: for example, how individual sounds are produced, how they are combined to form words and in turn, how these words are combined to form sentences.

My major interest lies in second language acquisition: How people with different language backgrounds from around the world learn English as their second language. It is interesting to note that some people who are learning English experience difficulties and make mistakes that are similar to those of other learners. So if you are having problems expressing yourself in English, remember that you are not alone and with practice, you can overcome these difficulties. Systematic study of the knowledge underlying 'your English' fascinates me, and in fact, I have found some similarities and some differences between Philippine children's and Japanese teenagers' use of English as a second language.

At our department, students have ample opportunities to improve their English language skills further. There are classes where you can do short presentations in class or write short essays in English. In some classes, discussions are done in English, and all students are highly encouraged to participate. I know this because I have been a teaching assistant in a class of this kind, where students have discussions with Australian students through an Internet chat system, or students make presentation to students in the Philippines through a videoconference system. In fact, I myself enjoyed the class.

On campus, you can also interact with students from different countries. Chuo University has been very active in promoting international linkages among local and foreign students by providing venues where students like you can engage in friendly language exchanges with a diverse group of people. For example, at G-Square, you can join foreign language discussions with exchange students for free. At the Academic Lounge, you can talk with international students while having lunch together. Apart from that, you are also welcome join in fun activities such as short trips (hiking/sightseeing, swimming, ski, etc.), barbecues, sports events, get-togethers outside school such as karaoke and a whole lot more. I am sure that you will enjoy your life at school with your new circle of friends. Whether you are planning to pursue a career locally or globally, getting involved in school activities with a diverse group of people will definitely give you an advantage.

I meet with my supervising professor once every week or two. I have to read and write a lot, but I enjoy my research. Moreover, I like this beautiful campus and the casual people here. I really recommend that you come and see us with your own eyes if you think you may be interested in studying in Tokyo.