• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

ファカルティリンケージ・プログラム(FLP)
平澤敦ゼミ

作成年度 2017年度
プログラム名 FLP国際協力プログラム
ゼミ名 平澤敦ゼミA
タイトル 平成29年度平澤Aゼミ タイ海外調査報告書
目次 ・タイの概況とASEAN経済 ~JETRO bangkokにて~
・GMS経済圏における物流の可能性
・進化するアジアの物流 ~タイ日通でのヒアリング調査を通して~
・バンコク実態調査 活動報告 ―日通 タイ―
・タイ及びバンコクの現状分析並びに日本との関係性
・タイの即席麺の需要を考える
・タイにおける袋麺とカップ麺
・日本製菓企業のグローバル化後の戦略のための実態調査
・日本製菓企業のグローバル化後の戦略
作成年度 2017年度
プログラム名 FLP国際協力プログラム
ゼミ名 平澤敦ゼミB
タイトル 実態調査報告書
目次

日系ホテルの挑戦
研究動機
現状分析
考察
結論

作成年度 2016年度
プログラム名 FLP国際協力プログラム
ゼミ名 平澤敦ゼミA
タイトル 実態調査報告書
目次

商業施設
研究動機
現状分析
考察
結論

冷凍食品
研究動機
現状分析
考察
結論

作成年度 2016年度
プログラム名 FLP国際協力プログラム
ゼミ名 平澤敦ゼミB
タイトル 東南アジアからのLCC利用による訪日外国人の増加に向けて-沖縄県に着目-
目次

はじめに
第1章 問題提起

第2章 現状分析
第1節 沖縄県への東南アジアからのインバウンドの現状
第2節 LCCに対する那覇空港への対応
第3節 東南アジアにおけるLCCマーケット

第3章 沖縄県とLCCの展望
第4章 展望に向けての今後の課題
参考文献

作成年度 2015年度
プログラム名 FLP国際協力プログラム
ゼミ名 平澤敦ゼミA
タイトル 成果報告書
目次 1. 大好きお祭り!集まれ東北!
2. リピジャバ企画
3. 新たなツアー形態で地方への外国人観光客の流動性向上と地域活性化を図る
作成年度 2015年度
プログラム名 FLP国際協力プログラム
ゼミ名 平澤敦ゼミB
タイトル 研究論文 共通テーマ:ツーリズム 訪日観光客を地方へ ~香港から地方へ 誘致戦略~
目次 1. 問題意識
2. 現状分析
3. 考察
4. 結論及び今後の課題
作成年度 2015年度
プログラム名 FLP国際協力プログラム
ゼミ名 平澤敦ゼミC
タイトル 中国・四国地方へ向けた訪日香港人誘致の考察
目次

1 はじめに
2 中国四国地方に訪日外国人を誘致する理由

3 中国地方
(1) 島根県
(2) 鳥取県
(3) 岡山県ⅰ
(4) 岡山県ⅱ
(5) 広島県ⅰ
(6) 広島県ⅱ
(7) 山口県

4 四国地方
(1) 愛媛県
(2) 香川県
(3) 高知県
(4) 徳島県

5 おわりに

作成年度 2014年度
プログラム名 FLP国際協力プログラム
ゼミ名 平澤敦ゼミA
タイトル 2014年度研究報告書
目次 研究1. 「企業が求めるグローバル人材の本質 ~国際社会で働くために~」
研究2 「働きがいのある会社とは?~目標管理を手掛かりに~」
作成年度 2014年度
プログラム名 FLP国際協力プログラム
ゼミ名 平澤敦ゼミB
タイトル 2014年度 ゼミ論文集
目次

(調査先:インドネシア)
SBを駆使した日本企業の発展可能性
将来のビジネスチャンスとしてのBOPビジネスの現状と課題

(調査先:インドネシア)
日系企業の海外進出時の将来的展望及び課題
~インドネシアのケースを中心として~

(調査先:シンガポール)
容器包装削減のための考察及び提案
~シンガポールでの容器包装削減の考察~

作成年度 2013年度
プログラム名 FLP国際協力プログラム
ゼミ名 平澤敦ゼミA
タイトル 2013年度 成果報告書
目次

1、人材育成班 『ES向上によるLCCの発展の可能性』
2、LCC班 『日本のLCCが生き残っていくためには~新規顧客獲得を目指して~』

3、アジア班 『温泉切符でアジア旅行者数増加を目指せ~STPマーケティングによるアプローチ~』

4、ヨーロッパ班 『日本への旅行者増加へ向けて~訪日イギリス人ビジネス客への“日本食”訴求の可能性~』

作成年度 2013年度
プログラム名 FLP国際協力プログラム
ゼミ名 平澤敦ゼミB
タイトル 海外研修報告書
目次

1. 研究内容概要
2. 研究テーマ・調査国決定までの過程
3. 研修概要

3-1. 調査日程
3-1-1. 養蜂班
3-1-2. 栄養改善班

3-2. 調査意義
3-2-1. 養蜂班
3-2-2. 栄養改善班

4. インドネシアの経済状況

4-1. 近年取り巻く経済状況

4-2. 日本との関係
4-2-1. 貿易動向
4-2-2. 経済協力

5. ビジネスプラン(養蜂班)
5-1. ビジネスプラン概要
5-2. 調査内容
5-3. 調査考察
5-4. 調査を踏まえたビジネスプランのブラッシュアップ

6. 栄養状態改善ビジネス班の問題提起及びビジネスプラン概要
6-1. 問題提起:インドネシアにおける児童・妊産婦の栄養不足
6-2. ビジネスプラン概要:味の素メニュー調味料の普及による食生活改善
6-3. 調査内容
6-4. 調査考察
6-5. 調査結論

7. Special Thanks
8. 参考文献

作成年度 2010年度
プログラム名 FLP国際協力プログラム
ゼミ名 平澤敦ゼミB
タイトル 2010年度演習B研究報告
目次 政策班
「訪日旅行数増加に向けた施策―政策の面からその可能性を探る―」
交通インフラ班
「訪日旅行数増加に向けた施策―交通インフラ(空港)の面からその可能性を探る―」
文化班
「『空間』で魅せる、訪日観光リピーター獲得に向けての一提案」